読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水戸市スキースポーツ少年団(水戸ジュニアスキークラブ)ブログ

水戸市スキースポーツ少年団(水戸ジュニアスキークラブ)の紹介です。

2017年度第3回スキーレベルアップキャンプに参加してきました。

ご報告が遅くなりましたが、2017年3月25日(土)〜26日(日)に高畑スキー場で行われた茨城県スキー連盟主催の第3回スキーレベルアップキャンプに参加してきました。

講師はナショナルデモの兼子稔デモ、参加者は15、6名でした。準指同期のOさんも一緒でした。

初日は天気も良く、午前中は大回り、午後は小回りのレッスンでした。

f:id:mito_jr_ski:20170412220934j:plain

外足側の腰、つまり、外腰の高い位置からスキーに荷重してあげる。臀部の上(おしりの上部)から押してあげる。ただし、スキーの真上から荷重をかけてしまうとそのまま真上に戻ってきてしまうので、スキーの推進力を次のターンにつなげるために、スキーの前部分を意識してそこに荷重する。そうするとニュートラルから次のターンに入るときに、体もフォールラインの方に向かって出していけるはず。ストックを付くギリギリまでタメて次のターンにつなげる。ターンでは、重心がターン弧と共に移動していくように、常に動いているようにターンを仕上げていく。外腰高がポイントです。

同期のOさんの指摘では、自分の滑りではターンの前半で動きが終了してしまっており、動きが見られないターンになっているとのこと。そうならないように兼子デモの教えを表現できるように練習しました。

ターンも兼子デモの話では、推進力を次のターンにつなげられるように、極端な例えとして、スケーティングしていくような感じでターンをつなげていけるように、とのことでした。

二日目は小雪が舞う中、午前中が初日の復習、午後はコブのレッスンでした。

f:id:mito_jr_ski:20170412222458j:plain

コブのレッスンでは、スピードコントロールできるように、ずらしてコブを滑る練習でした。コブの底にスキーの中央部、つまり、ブーツあたりが入らないように、スキーのテールのみが入るようにずらしていくのがポイントだそうです(うまく説明ができませんが)。

これまた同期のOさんの見立てでは、自分の滑りではコブの衝撃を股関節で受けているので、身体の上部が上下してしまい、目線も上下してしまっている。そうならないように膝、足首で衝撃を吸収できるようにすると良いとのアドバイスをいただきました。

兼子デモのレッスンでも、コブ斜面を横切って、コブを越えるときにスキーのテールが太ももの後ろに付くように上げ、その際、重心が前に行ってしまわないようにする練習を教えていただきました(若い頃は結構楽にできていたのですが、最近は体がスムーズに動かない感じです)。

レベルアップキャンプは初めて参加しましたが、なかなか充実した内容で、次回もぜひ参加したいと思いました。

f:id:mito_jr_ski:20170412222759j:plain

ICI石井スポーツ宇都宮今泉店主催_2017/18スキーNEW MODELミニ試乗会に参加してきました(2017年3月12日)その2

週末(2017年4月1日(土)〜4月2日(日))は高畑スキー場の特別営業に参加してきました。午前中は締まった雪で、いい感じでしたが、さすがに午後はグサグサの春スキーで、トップシーズンとは違って足が非常に疲れました。雪はまだまだあるのですが、残念ながらクローズです。

さて、試乗会その2です。

・HEAD WC REBELS I.GS RD 181 cm/R25

f:id:mito_jr_ski:20170403224656j:plain

f:id:mito_jr_ski:20170403224852j:plain

とにかく細くて軽い板です。扱いやすくカービングしやすいです。また、長さを感じず大回りも小回りも可です。キレキレという感じでしょうか。なかなか楽しい板でした。

 

・Volkl RACETIGER SL WC D 155 cm/123-65.5-98.5

f:id:mito_jr_ski:20170403225815j:plain

さすがSL用だけあって、角付けするだけでキュンキュン回ります。ずらして滑るには向かない感じがしました。やはり、レース向けです。

 

・Volkl RACETIGER GS WC U16 & MASTERS 188 cm/R27.5/100-65-87

f:id:mito_jr_ski:20170403230518j:plain

ロングターンが安定していて気持ち良いです。スキーのトップにあるゆがんだ六角形の置物?が良い仕事をしてくれているのかわかりませんが、ニュートラルのポジションからすぐに板が谷方向に向いてくれるのが、好印象でした。

ICI石井スポーツ宇都宮今泉店主催_2017/18スキーNEW MODELミニ試乗会に参加してきました(2017年3月12日)その1

2017年3月12日(日)高畑スキー場にて、ICI石井スポーツ宇都宮今泉店による2017/18スキーNEW MODELミニ試乗会に参加してきました。3月とは思えない寒さで、雪質も粉雪で、1〜2月のメインシーズンに近い感じでした。

試乗板はたくさんあり、さすがに1日では全て乗ることはできませんでした。

レッドまたはブルーアウトからセンターへ抜けるコースを試乗板1本あたり2回滑り、そのときの感想をメモしておきます。

OGASAKA TC-SC + FL585 165 cm/R12.9/120-67-101 参考価格¥120,000

f:id:mito_jr_ski:20170330214407j:plain

結構硬く、たわまない感じがしました。また、トップが引っかかり、乗りこなすには少し時間がかかるかもしれません。


・SALOMON X-MAX X10 + XT12 169 cm/R15/120-73-102

(写真なし)

良く言えばマイルド、悪く言えばもっさりとした感じがしました。

 

OGASAKA KEO'S KS-RX + FL585 165 cm/R15.5/113-67-96 参考価格¥115,000

f:id:mito_jr_ski:20170330220143j:plain

乗った瞬間、なぜか、遠い外国から日本に帰ってきたー、という感じがしました。侘び寂びを感じるというか、日本の雪質、ゲレンデにとてもよく合い、よくしなる板です。動きがすごく素直で、大回り、中回り、小回り何でも簡単にこなせます。準指導員を受験される方、これ1本で大丈夫です。一番気に入りました。

 

・ATOMIC REDSTER G9RS 183 cm/R24/105-67.5-89

(写真なし)

大回りに良いです。軽快感がありました。挙動は安定しており、決してスキーは重くなく、よく回るスキーでした。183 cmという長さもあまり感じられませんでした。長い板の中では好印象です。

 

OGASAKA KEO'S KS-LS + FM600 165 cm/R15/119-70-99 参考価格¥108,800

f:id:mito_jr_ski:20170330221913j:plain

先ほどのKS-RXに比べて、挙動不審という感じです。KS-RXを例えて言うならば素直な子、一方、こちらKS-LSはキョロキョロと落ち着かない子という感じでしょうか。とにかくかかとの下あたりでキュルキュル回る感じがして、ロングターンはしにくかったです。また、KS-RXの方がより柔らかいです。

2017年水戸市市長杯スラローム大会(中高生)

中学・高校生の部です。

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_中学生ゼッケン12番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_中学生ゼッケン13番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_中学生ゼッケン14番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_高校生ゼッケン15番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_高校生ゼッケン16番

2017年水戸市市長杯スラローム大会(ジュニア)

ジュニア(小学生)の部です。


2017_水戸市市長杯スラローム大会_ジュニアゼッケン8番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_ジュニアゼッケン9番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_ジュニアゼッケン29番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_ジュニアゼッケン10番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_ジュニアゼッケン11番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_ジュニアゼッケン26番

2017年水戸市市長杯スラローム大会(シニア)

シニアの部です。


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン1番(前走)

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン2番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン3番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン4番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン5番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン6番

 


2017_水戸市市長杯スラローム大会_シニアゼッケン7番

蔵王トレーニング(水戸市民スキー教室)開催

2017年3月18日(土)〜20日(月、祝)に水戸市民スキー教室と同時開催で蔵王トレーニングがありました。水戸シニアスキークラブの方々、一般参加の小学生や高校生と一緒に滑りました。


水戸市スキースポーツ少年団レッスン@蔵王温泉スキー場_2017/03/18

初日は蔵王温泉スキー場です。昨年とは異なり、天気がすごく良く、そして標高が高いせいか、真冬のような粉雪でした。蔵王地蔵尊で記念写真。

f:id:mito_jr_ski:20170321230351j:plain

午後は、バッジテスト受検者がおりましたので、講習を兼ねて皆で練習しました。

二日目は、蔵王ライザスキー場水戸市長杯スラローム大会が行われました。写真は、スタート前の点呼時のものです。昨日初めてスキーをやった女の子もレースに参加していましたよ。すごいですね。

f:id:mito_jr_ski:20170321230930j:plain

表彰式では、参加者全員に豪華賞品が。

f:id:mito_jr_ski:20170321231615j:plain

最終日は、同じく蔵王ライザスキー場でバッジテストの検定会とレッスンでした。2級及びジュニア1級それぞれ1名の合格者が出ました!

また来年も開催しますので、多くの参加者を期待しております。