読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水戸市スキースポーツ少年団(水戸ジュニアスキークラブ)ブログ

水戸市スキースポーツ少年団(水戸ジュニアスキークラブ)の紹介です。

茨城県スキー連盟準指導員検定を受験して(その6)

6月26日(日)のアスパイアでのブラシスキートレーニングは参加者が1名、他に団体が利用していたため、中止になってしまいました。。。

さて、補講の話です。

補講とは、準指導員受験生の要請で茨城県スキー連盟の技術員のご好意により、まったくの任意で行われる講習会です。準指導員受検の合否にはまったく関係ありません。

私が参加した補講は、2015年12月26日(土)〜27日(日)で、朝の4時集合で同じく水戸市在住の親方の車に乗せてもらい、ホワイトワールド尾瀬岩鞍スキー場へ向かいました。

26日(土)は、ホワイトワールド尾瀬岩鞍スキー場でN技術員に教えてもらいました。雪が少なく、ミルキーウェイの上部しか滑られませんでした。講習は、準指導員受検者3名の他に、正指導員を受検するYさんと、Yさんの同僚の方々と息子さん、N技術員の息子さんと一緒でした。特に言われたのは、ターンの時にスキーを体から離すように出すことでした。そうすれば、今のカービングスキーは自然とターンしてくれるので、それを意識した練習でした。

宿は親方にとってもらった「かねよ志」でした。

f:id:mito_jr_ski:20160702201054j:plain

写真は、夕食の写真です(講習ではスキーに集中し、写真を撮るのを忘れていた)。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍スキー場の雪が少なく、混雑していたので、翌27日(日)は、標高の高い丸沼高原スキー場へ移動し、O技術員に教えていただきました。

Yさんも親方もビデオカメラを持ってきており、26日(土)の夜に講習中に撮影した映像の上映会(技術員の解説付き)がありました。大変参考になりました。

親方からビデオカメラは買った方が良い、という話があり、自分も買うことにしました。