読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水戸市スキースポーツ少年団(水戸ジュニアスキークラブ)ブログ

水戸市スキースポーツ少年団(水戸ジュニアスキークラブ)の紹介です。

公認スキーC級検定員検定会に参加してきました。

2017年2月26日(日)に会津高原だいくらスキー場で公認スキーC級検定員検定会に参加してきました。

会津高原だいくらスキー場は十数年ぶり?です。茨城県連のスタッフの方々のおかげで、割引1日券を購入できました。理論前に2本、理論と実技の間に5本くらい滑ることができました。

f:id:mito_jr_ski:20170227220854j:plain

検定は、茨城県連主催の県民スキー学校のバッジテストを利用して行われました。正直に言って、採点はう〜ん、としか言えません、ここでは。2級の受検者の滑りはどう評価していいのか、色々な意味で、かなり難しかったです。2級の最期に滑った女の子はかなりいい滑りでした(もちろん、合格でした)。

検定会は私も含め、全員C級合格でした(当たり前かも)。

閉校式後、担当理事から、各種目で求められている滑りができているのであれば、積極的に基準ポイント(1級だったら70ポイント、2級では65ポイント)より高いポイントを与えるように、とのコメントがありました。それは、受検者の不得意な種目で基準ポイントに到達できていなくても、得意な種目で高いポイントが得られていれば、総合ポイントで合格できるからです。

登録料等4,000円かかりました。

すべてが終わり、親方と一緒に5〜6本滑りました。

自分がターンの切り替え時に上に抜ける癖があり、それをどう抑えるかとそれを確認するトレーニング方法を教えてもらいました。スキーのエッジを緩めることにより、スキーが谷方向に向かう。そこで曲げておいた膝を体からずらしてあげることにより、より深いターンができる。いかに足首と膝の緊張を保つか、それは、プルークボーゲンの基本の形でお腹の下あたりに力を溜め、頭が上がらないように押さえつける。特に、大回りよりも小回りの場合はその50倍くらい強い力を加えてあげると良いそうです。

トレーング方法は、1)ストックを短く持って、膝を曲げ、そのスタンスでターンする練習、2)ストックを上に逆に握り、それをバーンにつけながら(引きずりながら)滑る、ストックが浮くと(どの段階で)上に抜けているのがわかる、3)ストック2本を腹の下に挟んで、落とさないようにターンする。

次に滑りに行った時に、練習したいと思います。

沼尻トレーニング

報告が遅くなりすみません。

2017年2月5日(日)、水戸市民スキー・スノーボード教室と同時開催で沼尻トレーニングがありました。

当日は、雨の予報もありましたが、予想が外れ、スキーには良い天気でした。帰る頃には湿った雪が降り始めましたが。

f:id:mito_jr_ski:20170227215207j:plain

子供達の自由に滑りたいという気持ちと、基礎をしっかり教えたいというコーチの思いが交錯し、按配が難しいですね。

次回は、蔵王トレーニングです。

茨城県スキー連盟準指導員検定を受験して(その7)

前回からずいぶん空いてしまいましたが、今週末(2017年3月4日(土)〜5日(日))は、米沢スキー場で準指導員検定ですね。今年度は17名がチャレンジするとか。是非、最期まで諦めずに頑張ってください。

昨年の今頃は、やはり雪がなく、準指導員検定本番もコース変更がありました。

例年パラレルターン小回り・不整地等で使っているダイナミックコースは、なんとか滑ることはできましたが、検定には使われませんでした。また、講習では不整地、いわゆるコブを滑る機会がありませんでした。検定当日は、栃平コースに皆で急遽コブを作って、検定に使いました。ただ、パラレルターン小回り・不整地の検定前に検定員からコブを滑るか滑らないかは自由である旨のアナウンスがありました。言い換えれば、コブを滑らない場合は、採点は厳しいですよ、ということです。コブを滑らずに降りてきた受検者がいましたが、全員、不合格でした。とにかくズレズレでいいので、コブを降りてくれば、合格できたのではないかと思います。

今年度も受検前日の午後に補講があると思います。可能だったら、是非参加してください。最期の確認ができると思います。受検当日に現地入りするのではなく、前日に米沢のビジネスホテルに泊まって、最期の理論対策してください。3月の米沢は、雪がかなり重いと思います。私はアイロンとワックスを持って行き、受検前日の補講終了後に米沢スキー場の社長さんにお願いしまして、現地で電源を借りてホットワックスをかけました。一緒に受検したMさんがチューンナップ台を持ってきたので、それもお借りして翌日の準備をしました。社長さん、Mさんには本当に感謝です。

理論問題ですが、なぜ準指導員検定を受検したのか、問われます。自分なりに答えを文章にまとめておきましょう。あと、スキーの歴史、用語は毎年出ているようです。スキー教程や最期の養成講習会でもらったプリントで確認しておきましょう。

あと、合格すると登録料等が当日、必要となります。15,000円くらいかかったように思います。少し多めに現金を用意しておくと良いでしょう。

岩鞍トレーニング(3日目)

いよいよ最終日です。前の晩から雪が降り、良いコンディションでした。

f:id:mito_jr_ski:20170114203745j:plain

連休最終日とあって、空いてました。

f:id:mito_jr_ski:20170114203932j:plain

レッスンは午前中で終わり、閉校式です。

f:id:mito_jr_ski:20170114205727j:plain

写真は、上のレベルの班です。

f:id:mito_jr_ski:20170114205809j:plain

今年も水戸シニアスキークラブの方々と一緒でした。

宿で着替えて、13:30頃出発、水戸には17:30頃に到着しました。

来年も多くの参加を期待しております。

岩鞍トレーニング(2日目)

2日目は朝8時に宿を出て、夕方までレッスンです。

f:id:mito_jr_ski:20170114202923j:plain

連休中日でかなりスキー場は混雑していました。昨年よりは雪があったのですが、いたるところにブッシュが出ていて、滑りにくかったです。

ビデオを撮ったり、基本練習をしたりしました。

f:id:mito_jr_ski:20170114203146j:plain

夕食はグラタン、ローストビーフでした。美味しくいただきました。

岩鞍トレーニング(1日目)

2017年1月7日(土)〜9日(月、祝)に水戸市民スキー教室とともに岩鞍トレーニングがありました。午前5:45集合、6:00出発でホワイトワールド尾瀬岩鞍を目指します。

3日間お世話になるのは、「山の家 えびやん」です。毎年お世話になっています。宿で着替えて、スキー場でお昼を済ませてから、開校式です。

f:id:mito_jr_ski:20170114191110j:plain

昨年より雪がありました。

レベル別に分かれて夕方までレッスンです。ゴンドラで上がっていくときに、カモシカがいました。

f:id:mito_jr_ski:20170114202012j:plain

夕食はハンバーグでした。どれも美味しく、お腹いっぱいになりました。

夕食後は、じゃんけん大会がありました。

2016-2017第1回スキー指導者研修会に参加(その2)

午後からは実技講習です。

その前に、新しく検定種目に入った?滑走プルーク(滑走「の」プルークではない)から基礎パラレルへの展開のデモがありました。外足に圧をかけていくと内側の足がだんだん進行方向と平行(斜面と平行)の下に向いてきて、最後は両足が揃うパラレルになるような滑りです(確か、そんなような説明だったかと思います)。

私の班は、準指合格同期のHさん、Nさんも一緒で、講師は、水戸スキースポーツ少年団OBで茨城県連のトップデモでもあるNデモでした!

「つ」の字のターンを目指していくわけですが、そのようなターンを描くためには、如何に両足を外に出せるか、になってくるわけです。その練習方法の一つとして、山足を上げ、スキーの先端を斜面下方向に向けて、谷足の足首、膝の緊張を緩めずに骨盤に圧力をかけ、斜面に対して真下にスキーをずらす、要は、谷足のスキーと山足のスキーが直角近くになるようにしたポジションを維持して、真下方向に移動するという練習方法を教えてもらいました。

また、「つ」の字のターンをするときには、できるだけエッチングしないように両足を外に出すイメージを持たれているそうです。

さて、初日の実技講習が終わり、宿に戻って夕食。

f:id:mito_jr_ski:20170114085702j:plain

食事は洋風で、写真にはありませんが、ハンバーグもありました。どれもとても美味しかったです。とにかく宿のオーナー夫妻の対応が素晴らしく、またお世話になりたい宿でした。

翌日は天気が良く、講習前に一番上までリフトで上がり、岩鞍方面の写真を撮ってみました。

f:id:mito_jr_ski:20170114090105j:plain

Nデモには、こちらからの質問にも色々と答えていただき、大変有意義な研修会だっとと思います。